2006年07月14日

ジャポネスクルー・和ロックナイト1:2

※当日序章つづき

物販の準備も終わり、
2階に上がって、しばしの休憩がてら
マユはマネージャーさん方とリハーサルを眺めておりました。
それぞれのアーティストさん方が
自分達の音楽とパフォーマンスを最大限に生かし
お客さんに楽しんで頂こう!

そういう思いがしっかり伝わって来ました。


「このタイミングで照明を・・・」


「ここでは・・・」


「ギターの返しを・・・」


なんて言葉が幾度も飛び交います。
PA、照明等のスタッフさん達も
さすがプロ、一発で要望通り返すあたりは
当たり前の事なのですが流石だなぁなんて感心してました。
あれを本番ではパフォーマンスと共にやってのけるんですから
もうアーティストさんにも、そしてリハ通り全てのアーティストさんの
要望通り動くスタッフさんにも感服です。

アーティストさんとスタッフさん、関係者の皆さん、
そしてアーティストさんの力を最大限に発揮させる力を持っている
ファン、オーディエンスの皆さんでライブは作って行くものだなと
リハから本番を通して毎回しみじみ感じます。


(そんな中風邪で使えないスタッフもどきも一人(´;ェ;`)ウゥ・・・)



リハーサル後はメディアの方々の囲み取材等もあり
多少慌しくはあったのですが、それも無事終わり。
いよいよお客様入れが始まりました。

今日はどのくらいのお客様が来て下さるのかな。
と、毎回この瞬間はドキドキします。
きっと楽しいライブになるので
来て下さった皆さんにとって楽しい夜になると良いな・・・

と思っていたのですが、
開始前からあれ・・・あれ??という間に
2階からではもうフロアの床が見えないくらい
沢山のお客様が入られていました。

アーティストさんへの花束等も届いて来たり
いよいよ本番だなぁ・・・。と
幕に映し出されるジャポネスクルー和ロックナイトのロゴを
ドキドキ、そしてファンの皆様と同様
ワクワクしながら眺めていました。



オープニングを飾ったのは
quaff
http://www.jpn-c.tv/artist.html

このアーティストさんの凄い所。
まず勢いが凄い!!
何の勢いかって、ステージ全体からメンバー全員が
フロアに向かって殴りこみをかけるような
そんなパワーが音にのって波動のような感覚が届いてくる、
まさにバンド全体が持っている勢いが凄く。
あ、風邪吹っ飛びそう。
ってくらいのパワーが突然ドーンと押し寄せて来て
1曲目から「うはぁ・・・」と思わず声に出してしまいました。


兎に角ステージ上をメンバーさんが
飛び跳ね走り抜け、見ている方まで巻き込む迫力のステージングが
ガンガン繰り広げられます。
そんな中でも一際唄(ボーカル)の原さん
ファンの皆さんに見せる笑顔がキュート(え、死語・・・?)で
kubocchiさんの力強くもクールな心に響く綴
ライブならではのこのアーティストさんのもつ
迫力が一気に会場に押し寄せたようでした。

お経のようなラップにメッセージ性の強い歌詞、
そして激しいのにどこか情緒あふれるメロディー
和とロックが融合したまさに和ロックを
初っ端からパワフルにパフォーマンスされ
うわぁ、1バンド目からこれぢゃ
マユは果たして最後まで持つのだろうか・・・・。
と、良い意味で期待に溢れるイベントの始まりとなりました。

quaffの皆さん、最後の演奏曲が終わった瞬間
メンバー全員がふかーく頭を下げて
オーディエンスの皆さんに

「ありがとう!」「またね!」

なんて挨拶されてましたが、
きっと会場にいた多くの方は「こちらこそ!!」
思っていたのではないでしょうか・・・。



quaffさんオフィシャルサイトに
当日演奏された新曲のライブ映像がアップされています。
表現下手なマユの言葉よりも
百聞は一見にしかず。
是非ライブ映像を見にサイトにお伺いしてみて下さい!

quaffオフィシャルサイト
http://www.quaff.jp/



明日は2バンド目 ZAN さんからのレポートです!
posted by マユ at 07:49| Comment(46) | TrackBack(11) | レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。