2006年04月24日

バカボンと交通事故

神に和スイーツを届けてからというもの
放心しっぱなしのマユです、こんばんは。

放心に託けて仕事をしていない訳ではありません。
いそいそと本日も元気に働いています。
マユ妄想


・・・。
冒頭からひどいパラドックスをぶちかましました。
正直申し訳ないと思っています。
でも反省はしていな・・・_| ̄|○




さて、ふざけた生き物であるマユの事は置いといて
先日購入した【シュークリーム 濃茶】
神の元へと届けるべく、コンタクトを取りました。
事務所にいて、時間の空く時を捕まえ、
感想もついでに聞いちまおうとアポを取りました。


マネージャーさん伝いに。



何故今まで気付かなかったんだろう。
神と直接コンタクトを取るから
何時も大変な事になるという事実に_| ̄|○
今後バファリンの使用回数を減らすべく、
マネージャーさんを盾にする事にしたマユ春うらら。
マユボケ



相変わらずアホさ全開です(´;ェ;`)ウゥ・・・





その日マユはオフィスで打ち合わせをしておりました。
氏さんとの打ち合わせ(なんだろうか・・・?)の時間は18:00。

まだ16:00である。

正直気を抜いていた。
背後に忍び寄る影にも気付かずに・・・。

なんて書いてはみたものの。
実は正面からの突進でした。



氏:「バア!!!!」

マユ驚:「・・・・ポカーン(゜Д゜) 」



総勢6名が真面目に打ち合わせしている場
突然飛び込んで来て人の耳元で何を大声で叫ぶかこの神は!?
マユ撃沈


己がプロのヴォーカリストである事をもっと自覚して頂きたい。

自覚のない神↓
氏神一番2


医者:「今日はどうされました?」

マ:「えと・・・プロのですね、ヴォーカリストが耳元で叫んで
   それから耳がおかしいんです。」


医者:「・・・・へぇ・・・( = =) 」


↑こういう事態は意地でも避けたい。
一生に一回もあってはならない。
私の人生最大の汚点となるであろう。


・・・。
問題はそれだけではありません。
25歳も越えると、女性は年齢に関して敏感なお年頃となります。
年中ナチュラルキレテンションの人種が多い某大国では
女性の年齢を聞くのはタブーとされています。


だからなんだ。


いえ、ですから・・・。
神が言った「バア!!!」
これが一体何を指しているのか。
その場にいたスタッフの何人が
こめかみをピクッとさせたか。

男性陣は明らかに顔をテーブルに近づけ
己の横隔膜と格闘し、たいそう悶絶しておりましたが
「バア」に過敏に反応した女性陣は相反して
持っているペンを折らんばかりに握り締めたのであります。


結論:日本語って恐ろしい。




そんな現場の状況など知った事かと
神は何食わぬ顔してその場を意気揚々と去っていくのです。

厳粛な打ち合わせの場を
たった一言で脳内阿鼻叫喚の場と化させた神め・・・。


バナナの皮ですべってしまえ~(-゛-;)~マユご立腹


さて、問題の18:00となりました。
マユは事務所においておいた進呈和スイーツを取りに行こう。
と打ち合わせルームから席を立とうとしたら
スタッフMちゃんがすたすたとやって来ました。


マ:「あ、Mさん。事務所に氏さんいました?」

M:「ああ、いましたよ。シュークリーム食べてました。」

マ:「シュークリーム食べ・・・・・・(゜Д゜) ハア??

M:「なにこれ、美味しそうって。食べてましたよ?」


放心した。
普通に放心した。


マ:「・・・・そ、そう...( = =) トオイメ」


マユがやっとの事でそれだけ言った時には
もうMちゃんの姿はそこになかった。


むなしい。マユ悲観



歴代武将が戦いがむなしいとほざいていた
その真意が分かったような気がする。

マユの場合は
戦う前にむなしかった人ですが。
。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!



問題の18:00〜の打ち合わせ。
よりにもよって内容があまりにも爆裂級だったので
また明日、ブログに書こうと思う。




バカボンのように究極のバカになって
ハイジのブランコに乗りたいマユ今日この頃・・・・。
posted by マユ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | スイーツ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。